褥瘡ケアチーム

褥瘡とは
 「褥瘡」という言葉をご存知ですか?一般には「床ずれ」と呼ばれる、いわゆる「寝たきり」状態の方の腰まわりにでき易い皮膚の壊死や潰瘍のことです。
 以前は「褥瘡は看護の恥」とされ公にされにくかったため、その実態は不明でした。
 しかし2002年に厚生労働省より褥瘡対策未実施減算の方針が出され、褥瘡対策は一躍脚光を浴びることとなりました。当院ではその前年に、褥瘡対策の必要性を感じていた医師や 看護師などで褥瘡ワーキンググループ(WG)を立ち上げており、減算の実施に先立ちWGを褥瘡対策検討委員会に格上げして「褥瘡発生ゼロ」を目標に全病院的な対応を行ってきました。

主な活動内容・活動の特色

活動の目標
・褥瘡発生ゼロをめざす
・持ち込み褥瘡を治す、または悪化させない

主な活動内容
 チームには病院上層部から現場のスタッフまで参加し、また医師、看護師、理学療法士、薬剤師、栄養士、医療事務等の多職種がメンバーとなり三次元的構成をなしています。
 具体的には、入院患者様の褥瘡リスクや褥瘡そのものの評価・対応を統一したチャートを作成し、褥瘡予防に必要な体圧分散マットレスやピローの整備を行う一方、褥瘡予防・治療の知識やケア向上のため研修会・講演会を行ってきました。
 また褥瘡そのものに対しては形成外科医師を中心に回診を実施し、保存治療(外用剤や処置による治療)や手術治療を行っています。
 現在ではこれらの活動はほぼ定着し、年3〜4回開催する委員会で褥瘡患者数の推移報告と課題を検討する一方で、委員会とリンクした看護部褥瘡WGが職員対象の勉強会など実践的活動を行っています。これらの活動成果は上位委員会である医療安全対策委員会で定期的に報告されています。

活動の特色
* 医療安全対策委員会〜褥瘡対策検討委員会〜看護部褥瘡WG、と繋がりがあり、病院上層部と現場との間の風通しがよい
* 病院内で統一した褥瘡の評価や対策を行っているため、転科や転棟による対応のずれがない
* 各部署に担当看護師を配置し、部署毎の褥瘡対策を指導している
* 医師、看護師、理学療法士、薬剤師、栄養士、医療事務等の多職種がメンバーとなり、全体で活動の共通認識を持つとともに、それぞれの分野で積極的な活動を行っている
* 委員会は3〜4ヶ月に一度開催
回診は形成外科医師と担当看護師を中心に週2回実施

その他・特記事項

上記のほかにも、
* 日本褥瘡学会への参加と報告会の開催
* 皮膚・排泄ケア認定看護師の養成 等の活動も行っております。

お問い合わせ先

〒780−8562 高知市新本町2丁目13番51号 高知赤十字病院
担当:医療安全推進室看護師長 小松 ゆり
TEL:088-822-1201(代表) / FAX:088-822-1056