呼吸器外科

呼吸器外科は、呼吸器外科専門医の3名を中心として診療を行っています。扱う疾患としては腫瘍性病変として原発性肺癌、転移性肺癌、縦隔腫瘍(胸腺腫、胸腺癌など)、良性腫瘍(胸腺のう胞、良性奇形腫など)、胸膜中皮腫などがあり、非腫瘍性病変として気胸、巨大肺のう胞症、非結核性抗酸菌症、重症筋無力症、膿胸、外傷、診断のための胸膜生検、肺生検などがあります。低侵襲手術としての胸腔鏡下手術は平成4年より開始しており、肺癌をはじめ、ほとんどの症例を胸腔鏡下手術で行っています。日本呼吸器外科専門医合同委員会認定関連施設、日本呼吸器内視鏡学会専門医制度認定施設です。


当院は、第7次全国肺癌登録事業に参加します。

2010年に当院で肺癌に対する外科治療を受けられた患者さんの診療情報を肺癌登録合同委員会7次事業に登録し、全国および国際共同研究に貢献する予定です。個人情報の管理は厳重にしておりますので、ご理解お願いします。ただし事業と研究への参加を拒否される場合はご連絡ください。拒否の申し出のある患者さんの診療情報の登録は致しません。ご協力よろしくお願いいたします。

検査・治療法の特徴

積極的に胸腔鏡下手術を行っており、低侵襲で質の高い医療を目指しています。
呼吸器内科(診断・抗がん剤治療)、放射線科(放射線照射)などとも 協力し、診療にあたっています。また、救急部とも協力し、救命救急センターでの緊急の胸部外傷患者にも対応しています。

【検査・手術実績】
平成26年度主要手術
1.原発性肺癌
  肺全摘
  葉切除
  試験開胸
  区域切除
  部分切除
2.転移性肺腫瘍
3.自然気胸
4.縦隔腫瘍
44例
1例
39例(胸腔鏡補助下 29例、気管支形成 2例)
1例
2例(胸腔鏡下 2例)
2例(胸腔鏡下 2例)
3例(胸腔鏡下 3例)
32例(胸腔鏡下 32例)
7例(胸腔鏡下 5例)

主な検査・設備


医師紹介

副院長

浜口 伸正はまぐち のぶまさ

徳島大学 昭和51年卒業

呼吸器外科(肺癌、縦隔腫瘍、気胸、その他)
内視鏡外科(呼吸器)、一般外科

呼吸器外科専門医、日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医、日本胸部外科学会指導医・認定医、日本外科学会指導医・専門医・認定医、日本乳癌学会認定医、日本消化器外科学会指導医・認定医、検診マンモグラフィ読影認定医、がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修修了

地域医療支援病院として、地域医療機関の先生方との連携を深め、医療の質の向上を図っていきたいと思います。

第二外科部長

谷田 信行たにだ のぶゆき

徳島大学 昭和57年卒業

呼吸器外科、消化器外科

呼吸器外科専門医、日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医、日本胸部外科学会認定医、日本外科学会認定医・専門医・指導医、日本消化器外科学会指導医・専門医・認定医、がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修修了

ガイドラインに基づいた治療を行います。

松岡 永

医師

松岡 永まつおか ひさし

徳島大学 平成13年卒業

呼吸器外科

呼吸器外科専門医、日本呼吸器内視鏡学会専門医、日本外科学会専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、

地元高知の医療に貢献できるように頑張りますので、よろしくお願いします。