皮膚科

 皮膚疾患は「目にみえる」ため、患者さんのストレスは意外と大きなものです。患者さんの立場に立った治療を行えるよう努力したいと考えております。

検査・治療法の特徴

 皮膚科全般にわたり診療を行っており、患者様とのコミュニケーションを大切にした上でそれぞれの症状に応じた対応をしています。

【検査・手術等実績】
 平成25年度の外来患者数は1日平均23.4人、入院患者数は1日平均0.9人であった。
 外来診療では白癬や湿疹などの一般的な皮膚疾患の割合が高く、入院診療については、蜂窩織炎、帯状疱疹などの感染性皮膚疾患と、水疱性類天疱瘡などの自己免疫性水疱症などが入院の主な疾患となっている。また、他科入院患者の皮膚トラブルや薬疹等についても適宜診療を行っています。

主な検査・設備


医師紹介

神野 義行

皮膚科部長

神野 義行かんの よしゆき

徳島大学 平成元年卒業

皮膚科全般

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医

一人ひとりに合ったきめ細かい治療を心がけています。よろしくお願いいたします。

医師

水谷 育宏みずたに いくひろ

徳島大学 平成26年卒業

作成中