病理診断科部

部長のメッセージ

 病理診断科部は、質の高い医療や高度先進医療を維持・推進するために、病理組織・細胞診材料の迅速で正確な診断を行うことにより、患者様に対する適切な診療・治療の一翼を担う事を目指しています。
 また、そのために臨床各科とのカンファレンスに積極的に参加し、密接な診療連携を維持するとともに、日々の診断書のダブルチェック、以前の病理診断の再検討などを行い、病理診断の精度管理に努めています

概要

病院における病理診断科部の仕事とは、患者様から採取された組織・細胞を肉眼的・顕微鏡で観察し、病変が良性か悪性かを判断し、患者様の診断や治療方針を決める大きな役割を持っています。
当院では、日本病理学会認定病院として認定を受けています。
当病理診断科部では日本病理学会認定病理専門医2名、臨床検査技師4名(4名全員が細胞検査士)で仕事をしています。
また、最近では分子や遺伝子レベルでの検査が病気の診断や治療に大きく関わってきており、病理検査の分野でも例外ではありません。いつくかの臓器の癌(乳癌、肺癌、胃癌など)では、効果的な抗がん剤や分子標的治療の選択において病理検体を用いた検査がその鍵を握る場合があり、当科でもこうした最先端の病理検査を院内で一部行っており、現在外注検査に頼っているところは今後は分子標的療法の適用のために院内での検査手法の拡大を手掛ける方向に向いております。
術中迅速診断はもとより各科の細分化された要望に出来る限り対応しています。
報告書、ブロック、スライド標本などが保存され、過去の材料が随時検索可能です。また多種抗体が管理保存され、免疫組織化学による抗原発現検索が可能になっています。難解症例に関しては国内および症例によっては国外へのコンサルテーションを適時行っています。また腎腫瘍病変については日本病理学会や国立がん研究センターのコンサルタントとして全国からコンサルテーションを引き受けています。

業務内容

病理で行われる検査は大きく分けて4つです。

@ 組織診

組織標本を用いた病理診断のことです。病変のある組織の一部を切り取り、顕微鏡標本を作製して病気の診断を行う場合、生検(バイオプシー)と呼ばれます。通常、生検材料は数ミリから大きくても数センチまでの小さな組織です。手術で摘出された臓器の検索も行います。手術材料の場合は、病気の診断はもちろん、腫瘍の場合は病変が残存していないか、リンパ節に転移はないかなどを詳細に検討します。治療効果判定(治療の効き目の評価)や、治療薬の選択に必要な情報提供(乳がんにおけるホルモン受容体の検索など)も行っています。

A 細胞診

組織診と異なり、ある程度ばらばらになった細胞を標本にして行う病理診断の1分野です。喀痰や尿などの排出物に含まれる細胞や、身体の一部を擦過したり、針を刺して取られた細胞を、顕微鏡標本として観察し、病気のスクリーニング(ふるい分け)や診断を行います。組織診と比べると、患者様の身体的負担が少ないことが特徴です。がん検診などで広く利用されています。

B 術中迅速診断

手術中に提出された組織について、短時間のうちに調べる検査です。 悪性腫瘍の手術の場合は、病変が身体に残っていないかどうかの判断や、リンパ節への転移がないかの確認を行い、手術の方針を決める重要な役割を負っています。

C 病理解剖(剖検)

不幸にして亡くなられた患者様について、生前の診断や治療が適切であったかを検討します。原因やメカニズムのよくわかっていない病態の解明にも役立っています。病理解剖はご遺体の尊厳を守り、切開部位や範囲も必要最小限として行われます。診断に必要な組織や臓器の一部をとりだして2時間ほどで終了し、その後清拭されて御遺族のもとに戻されます。病理解剖によって得られた所見は解剖を行った病理医から主治医へと報告され、御遺族に説明されます。

病理医と患者様の関係について

病理医と患者様の関係について

業務実績等

【年度別検査件数】

  2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
組織診断 2967 2574 2876 2759 2908 3061
迅速組織診断 152 140 126 154 107 122
細胞診断 5799 5110 5061 5030 5221 5220
病理解剖数 2 7 10 11 14 7
他院コンサルト件数 100 104 90 141 120 100
免疫染色件数 617 557 520 494 620 685

【カンファレンス、勉強会一覧】

・外科カンファレンス(毎週木曜日)
・キャンサーボード(毎月第4火曜日)
・臨床病理症例検討会(CPC)(全例)
・放射線科(画像)カンファレンス(毎月第1、3木曜日)
・部内細胞診抄読会(英語文献)(毎月第4火曜日)

【スタッフ紹介】

平成27年(2015年)4月現在
 医師           2名
 臨床検査技師     4名
 当科所有資格
 細胞検査士       4名

【臨床実習受け入れ】

県内外の臨床検査技師養成学校から、短・長期の臨床実習
高知大学医学部・他県の医学部学生の臨床実習
県内および県外の薬剤師、栄養課、臨床工学士、事務系学生の実習
高校生、中学生の体験実習
終わりに
最近では、癌のオーダーメイド治療時代に突入し、病理診断科部の重要性がますます増しています。正確・迅速で適切な病理診断を行えるよう、よりよい標本作製、診断はもちろんですが、臨床各科や各部署とのコミュニケーションをしていきたいと考えています。今後もよりよい医療を目指し、新しい診断システムの導入、そのための人員確保などに努力を重ねていきたいと思っています。

医師紹介

黒田 直人

病理診断科部長

黒田 直人くろだ なおと

高知医科大学 平成2年卒業

外科病理、泌尿器病理学、病理解剖学

日本病理学会専門医・指導医、日本臨床細胞学会・細胞診専門医・指導医、指導医養成講習修了

各科において、最新の病理診断に近いものを御提供できるよう努力しております。今後とも御支援をお願い申し上げます。

医師

ョ田 顕辞よりた けんじ

宮崎大学 平成17年卒業

外科病理

日本病理学会病理専門医、日本臨床細胞学会細胞診専門医