医療安全推進室

 医療の安全確保と院内感染対策を遂行するためには、個々の医療従事者の資質向上と確実な業務の遂行が重要なことは言うまでありません。しかし、高度に細分化、複雑化する医療環境下では、医療従事者個々に依存した対策のみでは限界があります。
 そこで、医療の安全確保と感染対策のために院内管理体制を構築し、患者様の立場に立ち、患者様が安心して医療を受けられる安全な環境を整えるように、組織全体で取り組みを行っています。

医療安全


感染管理

医療関連感染対策とは
安全で質の高い医療を提供するために、患者様、ご家族の方、訪問者、病院職員、実習・研修生など高知赤十字病院に関わる全ての人々を感染から守るために行う活動です。

ICT(感染制御チーム)の活動について

サンプル写真
医療関連感染対策活動を具体的・実践的に取り組むよう専門職から構成されたチームであり、迅速的確な情報伝達および決断力を有し院内感染防止対策を推進する。

 ・院内感染対策活動の計画、実施、評価
 ・院内ラウンドなどによるリスク評価
 ・疾病または病原体サーベイランスによるアウトブレイクの監視
   および発生時の対応
 ・抗菌薬の適正使用を促すシステムの構築、評価
 ・検討した経過や結果について感染防止対策委員会へ報告
   および提案

ICLTとは?(INFECTION CONTROL LINK TEAM)

INFECTION CONTROL LINK TEAM
 ・院内感染対策委員会およびICTのサポートのもと、チーム別
  年間活動計画にもとづき、感染対策に取り組むチームである。
 ・各部署(多職種)から選抜された職員で構成され、
  現在5チームが活動展開している。
 ・感染防止活動の役割モデルとなり啓発活動を行う。