検査部

中央採血室(採血・尿)

@採血・尿検査は8:00から受付し、8:10から採血を行ないます。
*心電図などの生理検査は8:30から受付

A受付は、患者さん自身が診察券を受付機に挿入し、ピンク色の番号札を取ってお待ちいただきます。
*受付出来ない方は職員に声を掛けて下さい。

B採血台は4つ用意しており、青・黄・緑・白の4色に分かれています。

C待合の大型モニターに番号が表示されたら、表示された色の採血台へ行って下さい。
*受付の際に発行された番号札は全てピンク色であり採血台の4色とは関係ありません。(例:162番の方は黄色の採血台へ行って下さい。)


D採血終了後は、穿刺部を2〜3分しっかりと押さえ止血して下さい。

採血について

採血は血液検査を行うために必須な医療行為です。
病気の診断、病状の把握をするために血液検査を行います。

当病院での外来患者さまの採血は、国家資格を有する「臨床検査技師」が担当しており、十分な安全管理のもとで実施させていただいております。

しかしながら時には、採血針を刺しても採血できない、1回の採血で検査に必要な血液量が採取できない場合があります。

その際には部位を変えて再度採血をさせていただきますことをご了承下さい。

採血は採血針を刺して血液を採取しますので痛みを伴いますが、持続するような痛みがある場合は、その場でお申し出ください。

また、まれに採血に伴う合併症が起きることがあります。
これに関しましては、「採血に伴う合併症」をお読みください。


以上の点をご了承の上、採血をお受け頂きますようお願い申し上げます。

また、円滑に採血を行うためには、患者さまのご協力も必要となりますことを何卒ご理解下さい。

なお、検査結果報告までの時間は検査内容によって異なりますが、約1時間かかります。
再検査等になりますともう少しお時間がかかる場合がありますのでご了承願います。

採血に伴う合併症

採血は基本的には安全な手技であり、合併症の頻度は極めて低く、またその程度も軽いものが多いとされています。
ごくまれに、以下のような健康被害を生じるとの報告があります。

止血困難・皮下血腫
穿刺後の不十分な止血操作などが主な原因です。十分な圧迫止血をしていただきますようお願い致します。
※出血しやすい方はお申し出ください。

アレルギー
採血時の消毒薬やスタッフの手袋(ラテックス)などでかゆみ、発疹を初めとするアレルギー症状が出現することがあります。
※消毒薬(アルコール)、ラテックスなどに対するアレルギーをお持ちの方は、お申し出ください。

血管迷走神経反応
心理的な不安、緊張により、血圧が低下するため、めまい、気分不快感、意識消失などを引き起こします。
※経験上、気分が悪くなられる方は、お申し出ください。

神経損傷
採血後も手指へ拡がる痛み、しびれなどが持続します。
約1万〜10間回に1回の頻度で起こるとされています。
大部分は1週間以内に、多くは3ヶ月以内に症状は改善します。