先輩の声

平成23年度採用者

高知大学

高知赤十字病院臨床研修プログラム

<1年目の研修を終えて>
高知赤十字病院で研修医として働き始めてから1年が経とうとしています。最初のうちには電子カルテの操作が覚えられなくて、検査のオーダーやカルテの記入などがわからず胃がきりきり痛む日々がつい昨日の事のように思い出されます。病棟や当直時においても何をするかわからずあっちをフラフラ、こっちをウロウロして先生方、コメディカルの方々に大変迷惑をかけたことと思います。こんな自分がまがりなりにも1年間続いたのはひとえに高知赤十字病院の優しさ・暖かさにほかならないと思っています。親切な日赤のスタッフの中で様々な症例・手技を経験できて高知赤十字病院を選んで本当によかったと思います。2年目からも慢心せずに頑張って実り多き1年になるようにしたいと思います。

<2年目の研修を終えて>
今までの研修を思い返すと、あっというまというのが正直なところです。学生から社会人(研修医)となり、臨床での色々なこと(診察、検査、治療方針はもちろん、入院中の指示出しetc)のスピードに只々圧倒される日々でした。もともと自分がノロマなせいだとは思いますが・・・。それでも座学をやっていた頃に比べると、家族を含めた患者さんとの関わりというものは研修医という立場ながらも、治療に携わっているという変な?充実感がありました。研修していくほどに勉強不足が身にしみて、自身へのやるせなさも大分ありましたが、諸先生方をはじめコメディカルの方々や患者さんが支えて下さったからこそ研修が出来たとしみじみ思います。高知赤十字病院で得た多くのものを忘れずに、これからも頑張ろうと思います。本当にありがとうございました。

高知大学

高知赤十字病院臨床研修プログラム

<1年目の研修を終えて>
一年間でどれくらいのことを学び、得るのかが研修医の標準なのかは、恥ずかしながら同じ研修医の身分ながら自分は知らないのだが、この一年間で得たことは少なくとも自分の短い人生の中でも1,2を争うほど濃厚なものであったのは間違いがない。
 自分がこの1年間で得たことは大きく2つである。
 まず一つ目として、日々の診療の中で患者さんを診察させていただくことで、ほんのわずかながらではあるが、自分の中で文字としてしか捉えられていなかった知識と目の前で起こっていることを重ねることができるようになった気がしている。思い込みの可能性も否定はできないところが悲しいが。2つめは、コメディカルとの関係である。残念ながら自分が受けてきた教育の中にはコメディカルとの関係の重要性を説いたものはなかったはずである。実際にコメディカルの支援無くしては診療は成り立たないものであり、彼らの知識には学ばなければならないことが大量にあるということを痛感した。
 来年もグラム染色をサボらず行い、日々精進していきたい。

高知大学

高知赤十字病院臨床研修プログラム

<1年目の研修を終えて>
高知赤十字病院で初期臨牀研修医として勤務し始め、早くも一年が経過しようとしております。
 働き始めた頃は、検査や治療、薬や点滴など医学的な事は勿論のこと、電子カルテの使い方、オーダーの仕方、必要な書類など、右も左もわからないような状態でした。指導医の先生方やコメディカルの方々が優しく教えて下さり支えてくださったお陰もあり、少しずつではありますが仕事を覚えてこれたと思います。この一年、成長してこれたのかと不安に思う事もありますが、当直にて救急車の対応をある程度は一人で行えるようになった事を考えると、少しは成長出来たのかなと感じています。
 また、同期や他病院から研修に来られた先生方にも恵まれていたと思います。みんなで仲良く、お互い刺激を貰いながら支えあう事が出来たからこそ、無事一年間研修を終えられていると感じています。
 素晴らしい先生方、優しいコメディカル、頼れる仲間と、素敵な研修環境の下、高知赤十字病院で研修させて頂ける事に感謝しながら、二年目も充実した研修となるよう努力していこうと思います。

<2年目の研修を終えて>
月日が経つのは早いもので、気付いたら働き始めて2年が経とうとしております。
2年前は右も左もわからない状態で、本当に医師として働いていけるのかという不安が付きまとっていました。初めて薬を処方した時、非常に緊張した事を今でも覚えています。初めて腰椎穿刺を行った際は、手袋の内側がベッタリと濡れる程汗をかきました。
その様な私ですが、1年目に糖尿病・腎臓内科、呼吸器内科、救急部、循環器内科、消化器内科を、2年目に外科、耳鼻咽喉科、産婦人科、高知大学精神科、梼原病院、当院小児科、高知大学小児科と回らせて頂き、先生方や看護師さん、放射線技師さんや検査技師さん、薬剤師さんetc、多くの方々に支えて頂けましたため、無事2年間で初期臨床研修を終える事が出来ました。
初期臨床研修を高知赤十字病院で行わせて頂けましたお陰で、非常に多くの事を教えて頂き、また様々な経験をさせて頂け、医師として成長する事が出来たと思います。
この2年間で学んだ事を糧に、今後も日々精進しながら仕事をしていこうと思います。
本当にありがとうございました。

九州大学

高知赤十字病院臨床研修プログラム

<1年目の研修を終えて>
日赤での研修もあっという間に1年が過ぎました。昨年の今頃は右も左も分からない状態で日々慌ただしく過ぎ去った記憶があります。この1年間、内科、救急、麻酔と研修をさせて頂きました。指導医の先生は丁寧かつ根気のある指導をしてくださいました。また、通常勤務以外にも当直勤務も開始されました。最初は、サイレンの音が聞こえてくるたびに皆、緊張しながら救急外来へ走ったものです。大多数の研修医が鳴らないサイレンの音を聞いたのではないでしょうか。そのような緊張感の中、なんとか研修を続けてこられたのは指導医の先生のみならず看護師さん、放射線技師さん、検査技師さん、事務の方々のおかげだと感謝しております。
 私の研修医生活はあと1年です。この1年間で、過信ですが右が分かるようになってきたと思うので、残りの1年間で左も分かるようになれるように日々努力していきたいと思います。日赤の皆さん、これからもご指導よろしくお願いします。

高知大学

高知赤十字病院臨床研修プログラム

<1年目の研修を終えて>
もう1年間の研修が終わろうとしています。昨年4月からこの高知赤十字病院で研修を始めて、あっという間のような、あの入社式が遠い日のような、不思議な思いです。この1年間を振り返ると、本当に様々な経験をさせて頂きましたが、「かけがえのない充実した日々」であったと、今、そう思います。内科を回らせて頂いた6ヶ月間では、まだまだ未熟ではありますが「患者さんを診る」事の基本を学ばせて頂いたと思います。何か手技があれば、丁寧に指導していただき、腰椎穿刺や超音波検査、内視鏡検査など様々な経験をさせて頂きました。学会にも何度も行かせて頂いて、名古屋、福岡では拡大内視鏡など最先端の議論や見地に触れ、四国内の学会では、貴重なALK肺癌の症例を発表させて頂き大変勉強になりました。救急部を回らせて頂いた後半6ヶ月間は、外傷から、脳卒中、内科系疾患まで幅の広い症例を経験し、「初診の大切さ」を感じさせて頂いているところです。主訴からは想像できない疾患が隠れていることもあり、臨床の難しさを痛感していますが、ACLSなど最初の頃に比べれば落ち着いて対応できるようになったのではと思います。何も分からないところからスタートした私達を、各科の先生方をはじめ、コメディカルの皆さん、事務の皆さんにも、とても良くして頂いて、感謝してもしきれない思いです。同期にも恵まれ楽しく充実した研修を送っています。学生の皆さんには、本当に楽しいのか、どれくらい充実しているのか、ぜひ一度見に来ていただければと思います。これからの1年間も良き研修となるよう自分自身、努めていきたいと思います。これからも宜しくお願い致します。

<2年目の研修を終えて>
ここ高知赤十字病院で2年間の臨床研修を修了して、今、思うことは、「2年前のあの時の自分とは、やはり違う場所にいるな」という事でしょうか。何も分からないところから始まった研修でしたが、様々な経験を通して自分を成長させて頂いたと思います。もちろん医師としてはまだまだ未熟な点が多いのですが、臨床での裁量を与えていただく中で、ただ指導医の先生の後ろにいるのではなく、患者さんへの責任を感じながら、より実際の、より実践的な感覚、(時には怖い感覚も、)体験することができました。研修医に必要なのは、分からない時に分からないままにしない感覚と手技など貴重な機会に対する積極性のように思われます。これは自分の反省も込めて思うことですが、この2つがあれば、ここ高知赤十字病院では、相当充実した研修ができる環境、先生方がおられると思います。研修病院を迷われている学生の皆さんにはぜひ高知赤十字病院での研修をお勧めします。私は3年目からは消化器内科医として勤務させて頂きますので、一緒に研鑽していきましょう。最後に、2年間本当にありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いいたします。

高知大学

高知赤十字病院臨床研修プログラム

<1年目の研修を終えて>
早くも研修医として後輩を迎え入れる時期となりました。嬉しさもあり、少し不安もあります。病棟や外来で検査、処方のオーダーや手技など様々な「初めて」を経験させていただきました。そんな初めてだらけの毎日でしたが、「初めて」が終わると、それは自分の経験になり自信につながりました。指導医の先生方にも恵まれ、少しずつ不安を拭い去ってきた1年でもありました。今後もこれから入ってくる後輩たちと「初めて」をたくさん経験したいと思います。

高知大学

高知赤十字病院臨床研修プログラム

<1年目の研修を終えて>
日赤での研修が始まり、早1年が経とうとしています。
 初めて患者さんを受け持ったとき、診療や簡単な薬の処方さえもままならず、先生方や看護師さん達のアドバイスをいただきながら、悪戦苦闘した日々が研修医としてのスタートでした。学生時代とは違い、診察や治療の介助、縫合や気管挿管などたくさんの手技を経験し、科の垣根を越えて、諸先生方には本当に温かいご指導をいただきました。
 毎月の救急部の当直、内科、救急部、麻酔科のローテートももうすぐ終わりを迎え、まだまだ未熟で先生方やコメディカルの方々にたくさんのご迷惑をかけながらも、充実した研修医生活を過ごしています。
 来年度は後期研修での進路を見据え、日々少しずつでも成長していけたらと思っています。

徳島大学

高知赤十字病院臨床研修プログラム

<1年目の研修を終えて>
高知赤十字病院で研修医として働き始めてもうすぐ1年が経ちます。私にとってこの一年間の研修は、とても楽しく充実した一年となりました。社会人としても医師としても、右も左も分からない状態で入社し、働き始めた頃は不安ばかりの毎日でした。高知日赤の研修で一番魅力的なのは、働きやすさだと思います。病棟の看護師さんや検査技師さんなどコメディカルのみなさんにも丁寧に指導していただきながら日々勉強させていただいています。月に4回の当直も自分にとって大きな不安要素でしたが、救急部の先生方や救急外来の看護師さんのおかげで毎日とても勉強になり、たくさんの手技や症例を経験できています。また、今年から研修医の人数も増え、一緒に働いている同期とも助け合いながら楽しく仕事ができています。医師としてまだまだ未熟で知識も技術も足りないことのほうが多いですが、少しでも病院に貢献できるよう努力していきたいと思います。