先輩の声

平成20年度採用者

徳島大学

高知赤十字病院臨床研修プログラム

 振り返ってみると、あっという間に過ぎ去っていった2年間でした。今はまだ、やり残したことが沢山ありすぎて、もう少しこの病院で研修を続けたいような気がします。私は、将来、整形外科に進もうと決めていたので、外傷等が多い救急病院である高知赤十字病院を研修先に志望しました。期待どおりに、ここでは一次から三次まで、たくさんの症例を経験させて頂きました。忙しい中、熱心なご指導を賜り、救急外来を通じて臨牀の知識や経験だけでなく、社会とのつながりや地域における役割といったものにまで視界を広げられたように思います。また各病棟をまわらせて頂きましたが、こんな新米の研修医に対しても暖かく接していただいた事は望外の喜びでした。
 今後は4月より母校の徳島大学の整形外科教室に入局し、整形外科医としての人生がスタートしますが、ここで学んだことを忘れることなく勉強していきたいと思います。
 本当にありがとうございました。また、ここに帰ってくることもあるかもしれませんので、その時はよろしくお願いします。

高知大学

高知赤十字病院臨床研修プログラム

 二年前の四月当初、この患者さんには何がまず必要なのか、国家試験の知識を結びつけようにも、処方も出せない、指示もできずあたふたする毎日。それでも、この病院で、指導医の先生方や、コメディカルの方に温かく見守られ、なんとか医師としてのスタートを切ることができたと思います。他科の先生にもコンサルトする機会も多く、丁寧に教えてくださったり、患者さんを診に来てくださったりとコンサルトしやすい環境です。
 院内での研修に加えて、院外での災害訓練にも参加でき、貴重な経験となりました。一次から三次まで幅広い疾患を経験することができ、バランスの取れた研修ができるのではないでしょうか。
 当院の臨床研修に興味を持たれた方は是非一度見学にいらしてください。お待ちしております。

徳島大学

高知赤十字病院臨床研修プログラム

 高知赤十字病院で働き始めて、早くも2年が過ぎました。内科から研修が始まりましたが電子カルテの使い方から診察の仕方、抗生剤の名前など治療には程遠い事からのスタートでした。しかし、毎日が新鮮であり、日々の患者診察、救急外来での対応、学会発表など戸惑いながらも、先生方のおかげで少しずつ成長できたと思います。少し慣れてきた秋からは外科となり、久しぶりに手術場の雰囲気を肌で感じモチベーションも再び上がりました。糸結びや縫合など OSCE以来の事であり、ぎこちないながらもオーベンの先生にコツを教えて頂き何とか形にできるようになりました。外科研修の最後の頃には何度も前立ちにして頂き、戦力として使って下さって本当に勉強になりました。救急部では主要救急疾患の初療、生命にかかわる病態の緊急対応など経験を積む事が出来ました。放射線科では読影のポイント、エコー検査、オーダー時の注意などを身につけ、勤務外では技師さんとの飲み会などで楽しく過させて頂きました。地域医療や精神科、小児・産婦人科は特有の雰囲気があり、なかなか馴染めない所を優しく御指導して頂き有難うございました。2年間経験して来た事を、今後も活かしていくように頑張ります。

高知大学

高知赤十字病院臨床研修プログラム

 高知赤十字病院での初期研修も終わりを迎えようとしています。医師となって2年たった今も、右往左往している毎日は変わりありませんが、周囲の温かいスタッフに支えられて充実した研修をしています。
 高知県の医療の拠点となる救命救急センターを備えた当院での研修は忙しく、体力気力が必要ですが、年間を通して救急医療に携わり、自ら診断・治療へと進めていく過程で、検査や治療の手技、考え方、医師としての在り方までたくさんのことを教わりました。
 私は専科の後期研修医として当院で引き続き研修をすることになりました。まだまだ経験不足・勉強不足で、学ぶことの多さに先が見えない状態ですが、この2年間で得たものを基礎に、一歩一歩進んでいきたいと思います。「信念を持って柔軟に、情熱を持って冷静に」を目標にして、これからも努力していきたいと思っています。今後もよろしくお願いします。学生の皆さんも、ぜひ一度見学にいらしてください。