先輩の声

平成17年度採用者

 2年前から始まったこの初期研修。はじめはどうなるものかとただただ不安でした。今だから正直に言いますが、僕がここ高知赤十字病院で研修をしようと思ったのは、研修を始めるにあたり何もかも分からないよりはせめて住み慣れた高知で研修しよう、というなんとも軽い考えからでした。すいません・・・。
 しかし、もうすぐ2年間の研修が終わる訳ですが、今ではこんな良い病院は他にないと思います。症例は多いし、いっぱい経験はできる。何よりも、上の先生や看護師さん、その他のスタッフのみなさんの良い人っぷりは最高でした。時には怒られもしましたが、熱心に指導して頂いたことはこれからも僕の宝物です。
 今年の4月からは大阪の病院でレジデントとして勤務することになりましたが、機会があれば高知赤十字病院にまた戻ってきたいと今のところは思っています。
 これから初期研修を受けることになる未来の後輩達はぜひ高知赤十字病院で研修を受けることをお勧めします。本当に良い病院だと思います。
 ではもしかしたら3年後お会いするかもしれませんが、その時はどうぞ宜しくお願いします。

 日差しが春の訪れを告げる頃となりました。  2006年3月を迎え、期待と不安が入り混じり、緊張のあまりよく覚えていないオリエンテーションの日から、2年が経とうとしています。
 2年前の大学卒業時、私は既に形成外科医になりたいと心に決めていました。そのため卒後臨床研修制度の第1期生となった時は、なんで2年間も・・・という思いが正直な気持ちでした。しかしどうせ2年間しなければならないのなら、将来につながる勉強のできる病院で研修をしようと考え、地元の第一線の救急病院である高知赤十字病院を研修病院として選びました。また5ヶ月間の選択期間も救急を選択しました。
 予想に違わず、1次から3次まで、外傷から内因性疾患まで、昼夜を問わず様々な患者さんが救急車や自家用車で救急外来へやってきます。始めは自分が何をしてよいのか分からず、次々と患者さんをさばいていく先生の姿に、ただただ圧倒されるだけでした。そんな私でも、2年間各科をローテートし、これはやばい!といった判断力も多少なりともついて、自惚れかも知れませんが、いないよりはいた方がよい存在にはなれたように思います。
 また、有名研修病院と違い、同期の研修医の数も3人〜5人と少ないため、一人当たりに対する症例数も多く良かったように思います。少人数だけに研修医同士も大変仲がよく、1年目の休みに同期の3人でインドネシアに旅行したことは一生の思い出です。
 最後になりましたが指導してくださった先生方、スタッフの方々、事務の方々、本当にお世話になりました。今後専門に進み形成外科医として働くにあたり、高知赤十字病院に泥を塗ることないように努力して参りたいと思います。2年間本当に有難うございました。

 今から思えば、2年前、医師国家試験に合格し、右も左もわからず高知赤十字病院での研修がスタートしました。高知赤十字病院も初期研修医を受け入れるは始めてであったため、最初は、指導医の先生方も僕たちも手探り状態からのスタートでした。
 1年目は外科・内科・救急をローテーションし、基礎的なことからじっくり学ばせていただき、2年目は小児科・産婦人科・精神科・地域医療などをローテートさせていただきました。精神科では土佐病院と高知大学の精神科でお世話になり、また、地域医療では日赤ならではと言えると思いますが、血液センターで献血業務などにも携わることができ、良いプログラムを組んでいただいたと思います。そして、2年間を通じて、当直を含め救急外来での研修を経験できたことが、僕にとって一番勉強になりました。
 また、看護師さんをはじめコ・メディカルのスタッフの方々も暖かく接してくれ、良い環境で研修を続けることができたと思います。
 文面では、なかなか全部を伝えることが難しいので、ぜひ日赤に見学に来てください。

 高知日赤での研修の特徴と言えば、次の2点が挙げられると思います。

 1. 病床数の割に研修医の数が少ない。
 2. 研修医に責任を負わせない。

 1病床数の割に研修医の数が少ないというのは研修医同士で症例の奪い合いにならずすごいメリットです。ただ、人数が多いほうが研修医同士での情報交換を行える機会が多く、この面に関しては人数が少ないのはデメリットです。ただ、僕の場合は大学の同期が2人いたり、他の研修医も話しやすい人たちばかりでみんなと仲良くできてよかったと思います。
 研修医に責任を負わせないということに関しては、2年前に始まった臨床研修の特徴でもあると思います。それまでの研修医は、研修医といえども責任を持たされ、一人で診察して一人で帰すということを行っていたと思いますが、現在高知日赤ではすべてにおいて上級医がバックについてくれています。僕も救急外来で患者さんを診たときなど必ず上級医のチェックを受けています。病院によってはいちいち起こされてチェックするの面倒だから呼ぶなという上級医もいると聞きますが、幸い高知日赤ではみなさんいやな顔せずにみにきていただけるので安心して働ける環境が整っていると思います。