地域医療連携病院 患者さまの紹介に関する情報はコチラ

当院は「地域医療連携病院」です。

高知赤十字病院は、平成17年8月に地域医療支援病院の承認を受けました。
この制度は「かかりつけ医」と「地域医療支援病院」が、地域の中で医療の機能や役割を適切に分担することにより、患者様により効果的な医療を提供できるシステムです。普段はお近くの「かかりつけ医」を受診していただき、当院では「かかりつけ医」からの紹介を受けて、専門的な治療・検査や救急医療を担当します。

初診で当院を受診される場合は、可能な限り「かかりつけ医」からの紹介状を持参ください。紹介状をお持ちの方から優先して診察させていただきます。

また、急性期の治療が終わり、病状が安定した患者様は、希望をお伺いしたうえでお近くの「かかりつけ医」をご紹介いたします。
紹介後も病状に合わせて当院に定期的検査等で受診していただくなど、「かかりつけ医」と当院が共同で診療を行っていきます。

高知赤十字病院は、地域の「かかりつけ医」の先生方と連携して、患者様により温かく充実した医療を提供できるよう努めております。

「地域医療支援病院」とは

地域の病院・診療所の医師から、より詳しい検査や、入院・手術などの専門的な医療が必要と紹介された患者さまに対して、適切な医療を提供することを目的に県知事の承認を受けた病院です。 また、24時間体制による救急医療の提供、地域の医療機関と連携をとり病院の施設・設備を共同で利用できる体制、地域の医療従事者の資質向上を図るための研修を行うことなど、地域医療の中核を担う役割をもっています。

当院をご利用いただく皆様に是非ご理解・ご協力頂きたいこと

  • 初診の際は、できるだけお近くの病院・診療所(かかりつけ医)からの「紹介状」をご持参ください。ただし、休日や夜間、急病など緊急の場合は、24時間体制の救命救急センターで診療いたします。
  • 急性期の治療が終わって病状が安定したら、お近くの病院・診療所をご紹介いたします。
  • 地域の病院・診療所からの紹介患者さまが入院された場合に、当院の担当医師と紹介医が、共同で診療にあたることがあります。