治験および臨床試験のご案内

臨床倫理の方針

臨床倫理の方針

高知赤十字病院に勤務するすべての職員が病院理念及び基本方針に基づき、患者の権利を 尊重して最善の医療を平等に提供することを目的として、次のとおり臨床倫理の方針を定める。

T. 患者の意向を十分聞いたうえで患者の自己決定を尊重し、患者と医療従事者が協力して 平等かつ最善の医療を提供します。

 1. 患者の理解力や判断能力に応じて十分患者が分かるように説明し、納得していただけるよう努めます。
 2. 治療及び検査方法等の同意や選択に当たっては、患者の自己決定を尊重します。
 3. 患者のプライバシーを保護し、個人情報等の守秘義務を遵守します。

U. 救急医療、臓器移植、終末期医療、宗教上の理由による輸血拒否等については、それぞれ 関係法規、ガイドラインに準拠し医療を行います。

V. 医療の発展のために必要な研究や、生命の尊厳に関する問題については、院内各種委員会での審議結果に 従った医療を提供します。

1. 治験や医学的臨床研究の実施に当たっては、各委員会(治験審査委員会、倫理委員会)において事前に十分な検討を行います。
2. 生命の尊厳等に関する倫理的な問題を含むと考えられる医療行為については、倫理委員会において十分な検討を行います。

W. 医療の公共性を重んじて地域社会に貢献します。

治験のご案内

治験とは

医薬品もしくは医療機器の製造販売に関して、薬事法上の承認を得るため、患者さんご自身に使用していただき、有効性や安全性を確認するために行う臨床試験(人を用いた試験)のことです。

私たちが健康な生活を送ることが出来るように、さまざまな「くすり」がたくさんの人の力により世の中に送り出されてきました。医学の進歩とともに生み出された新しい「くすり」によって、以前は治らないと思われていた病気が、比較的簡単に治療できるようになりました。しかし、効果が不十分であったり、安心して使える「くすり」がない病気もまだまだたくさん残されています。

今、私たちがすでにその恩恵を受けている「くすり」も、今までの研究・開発の成果として得られたわけですが、ひとつの「くすり」が生まれるまでには様々な評価や検討が慎重に行われることが必要です。

新たに見出された「くすり」の候補は基礎的な実験や動物を対象とした試験と経て、「くすり」としての効果や安全性などの可能性について確かめられます。しかし、「くすり」は人に使われるものであり、人と動物では似ているところもあれば違うところもあります。

人で確認しなければわからないこともたくさんあり、「くすり」の候補が「くすり」として認められるには、人での有効性や安全性が確認されなければなりません。

そのために行われる臨床試験のことを治験と呼んでいます。

当院では、治験の対象となる患者さまに治験のご協力をお願いしております。
治験に参加する患者さまに対しては、経験豊富な治験担当医師が診察を行い、患者さまの安全を第一に考え実施します。また、治験に参加される患者さまのプライバシー(病気に関すること、名前、住所等)は厳重に保護されます。
治験の参加は自由で、治験参加を決めた後であっても理由を問わず中止をすることが出来ます。

現在、当院で実施している治験

「慢性心不全に対するプラセボを対照とした他施設共同二重盲検無作為化並行群間比較試験」

臨床試験のご案内

当院では、治験の他にも急速に発展する医学研究の成果を実際の医療行為に反映させるため様々な臨床研究を行っています。これらの研究は、医学の発展のためには極めて重要なことですが、同時に、被験者となる患者さまの尊厳や人権は最優先で守られるべきであります。そこで、院内で行われる臨床試験は、倫理審査委員会において科学的妥当性や倫理的配慮について審議しています。

倫理審査委員会規則



臨床研究一覧

NO
課題名
190
腺様嚢胞癌と粘表皮癌における染色体転座に関する研究
189
Xp11.2転座型腎細胞癌のTFE3遺伝子転座と形態との相関に関する研究
188
治癒切除不能進行・再発大腸癌に対する一次治癒としてのカペシタビン/LV5FU2+ベバシズマブ治療後のXELOX/FOLOX+ベバシズマブ逐次療法とXELOX/FOLFOX+ベバシズマブ併用療法の他施設共同ランダム化第V相臨床試験
184
手術患者の安全な体位の取り方に関する研究、砕石位での腓骨頭部での圧に関する因子の検討そのA
183
手術患者の安全な体位の取り方に関する研究、砕石位での腓骨頭部での圧に関する因子の検討その@
179
臨床検査における長期的精度の可視化
174
新規血友病患者のデータベース構築によるコホート研究Ver.3
172
第[・第\因子製剤のインヒビター発生要因に関する研究(新規血友病患者のデータベース構築によりコホート研究)
171
JPLSGにおける小児血液腫瘍性疾患を対象とした前方視的研究
164
好酸球性食道炎・好酸球性胃腸炎における疾患関連遺伝子および統合オミックス解析
162
透視画像を用いた人工膝関節置換術後の膝関節の生体内3次元動態解析
161
脳梗塞再発高リスク患者を対象とした抗血小板薬併用療法の有効性及び安全性の検討CSPS.com
(Cilostazol Stroke Prevention Study .Combinastion)
160
上部消化管内視鏡検査において従来の通常内視鏡検査にNBI併用拡大内視鏡検査を付加することにより生検数を減らせることができるか否かを検討する
159
悪性中皮腫診断のためのP16FISH(染色体検査)の検討
158
NBI併用拡大内視鏡とインジゴカルミン色素内視鏡の早期胃がんの境界診断に対する多施設前向き研究
152
淡明細胞乳頭状腎細胞癌の臨床
151
透析腎癌のシークエンス解析によるゲノム研究
150
大腸癌に対するoxaliplation併用の術後補助化学療法終了後6か月以降再発例を対象としたoxaliplatio based regimenの有効性を検討するU相臨床試験
147
ACHIEVE−2Trial
144
ALK転座型腎癌の病理的特徴と予後調査
143
6p21(TFEB)転座型腎癌の病理診断体系の確立
138
胃体部・穹窿部病変の吐血患者に対する内視鏡止血術における視野確保:エンドレスキューの検討
135
非弁膜症性心房細動患者の脳卒中および全身性血栓症に対するリバーロキサバンの有効性と安全性に関する登録観察研究
132
小児慢性期慢性骨髄性白血病(CML)に対する多施設共同観察研究実施計画書CML−08ver3.0
131
CS-747S第V相試験‐高齢又は低体重の虚血性脳血管障害患者を対象としたクロピドグレル硫酸塩との二重盲検試験−
130
多施設協同臨床研究(観察研究)関節リュウマチ・結合織疾患者のB型肝炎ウィルス再活性化に関する観察研究
127
第[、第\因子製剤のインヒビター発生要因に関する研究
(新規血友病患者のデータベース構築によるコホート研究の延長)
126
小児B前駆細胞性急性リンパ性白血病(BCP-ALL)に対する多施設共同第U相および第V相臨床試験
122
高齢者(75歳以上)の進行・再発非小細胞肺癌(扁平上皮癌を除く)に対するペメトレキセド+ベバシズマブ併用療法の有用性と安全性の検討ー第U相試験ー
121
治癒切除不能な進行・再発大腸癌に対する2次治療としてのBi-weekly XELIRI+Bevacizumab療法の有効性・安全性の検討:第U相臨床試験
120
多施設協同臨床研究(観察研究)関節リュウマチ患者のB型肝炎ウィルス再活性化に関する観察研究
114
血液透析患者におけるプリンストンコンセンサスパネルの評価と妥当性に関する検討
113
当院循環器および糖尿病外来通院患者におけるプリントストンコンセンサスパネルの評価と妥当性に関する検討
108
腎癌における新規融合遺伝子の同定
102
CS-747S第三相試験‐虚血性脳血管障害患者を対象としたクロピドグレル硫酸塩に対する非劣性検証試験−
101
切除不能大腸癌症例におけるセツキシマブを含む一次治療の観察経過
98
StageVb大腸癌治癒切除例に対する術後補助化学療法としてのUFT/Leucovorin療法とTS−1/oxaliplatin療法のランダム化比較第V相試験
97
小児および若年成人におけるT細胞性急性リンパ性白血病に対する多施設共同第U相臨床試験
93
高齢者進行非小細胞肺癌患者を対象としてPRO評価を取り入れたTS‐1療法の臨床第U相試験について
90
JPLSGにおける小児血液腫瘍性疾患を対象とした前方視的疫学研究
77
一過性骨髄 異常増殖症(TAM)に対する多施設共同観察研究
76
新規血友病患者のデータベース構築によるコホート研究
71
小児慢性期慢性骨髄白血病(CML)に対する多施設共同観察研究について
65
初回MAB療法再燃前立腺癌に対するアンドロゲン剤抗体療法とUFT併用に対する臨床効果と核酸代謝酵素mRNA発現量の相関に関する検討
51
治癒切除結腸癌(StageV)を対象としたフッ化ピリミジン系薬剤を用いた術後補助化学療法の個別化治療に関するコホート研究
35
StageV(Dukes’C)結腸癌治癒切除例に対する術後補助化学療法としてのカペシタビンの 至適投与期間に関するランダム化第V相比較臨床試験
24
HLH2004(血球貧食性リンパ組織球症)

肺癌における稀な転座型・遺伝子変異癌の臨床病理学的特徴に関する研究について

研究発表に関しては匿名化されますが、この研究に使用されることに関して拒否を希望される患者様がおられましたら、どうぞ御連絡をください。

連絡先 病理診断科