病院紹介

過去の沿革

昭和03年08月 日本赤十字社高知県支部療院として開設
昭和18年01月 高知赤十字病院と改称
昭和32年05月 鉄筋4階本館新築竣工
昭和36年04月 総病床数460床(一般病床342床、結核病床118床)となる
昭和37年07月 総合病院の名称承認される
昭和39年08月 救急病院に指定
昭和44年09月 北館新病棟(鉄筋5階)竣工
昭和47年04月 総病床数452床(一般病床392床、結核病床60床)となる
昭和47年07月 香美郡土佐山田町繁藤山崩れ災害に救護班として活動
昭和59年09月 医事業務の電算化導入
昭和59年12月 北館改造竣工
昭和60年03月 本館(鉄骨鉄筋地下1階・地上7階)増改築竣工
昭和61年04月 健康管理センター業務開始
昭和62年10月 日本赤十字社高知県支部百周年記念式典挙行
昭和63年03月 高知学芸高校列車事故に救護班編成出動(延6班、58名)
昭和63年08月 高知赤十字病院創立60周年記念式典挙行
平成03年03月 「高知赤十字病院長期医療計画」策定
平成03年11月 病床オープン化開始(高知市医師会と取り決め調印)
平成04年11月 救命救急センター設置(平成7年4月予定)承認(30床新設)
平成06年09月 開放型病院承認
平成06年10月 ドクターカー導入
平成06年11月 南館(鉄骨鉄筋地下1階・地上7階)完成
平成06年11月 救命救急センター・健康管理センター開設
平成06年11月 総病床数482床(一般病床456床、結核病床26床)となる
平成07年01月 阪神淡路大震災に救護班編成出動
平成07年02月 救命救急入院料加算承認
平成07年06月 高知赤十字病院増改築工事竣工
平成08年02月 機械式タワー駐車場竣工(92台)
平成08年03月 救命救急センター受水槽設置
平成08年04月 「高知赤十字病院第二次長期医療計画」策定
平成08年04月 病院基本方針制定
平成08年06月 物品在庫管理システム(SPD)導入
平成09年12月 脳ドック開設
平成10年08月 高知赤十字病院創立70周年
平成10年08月 臓器提供施設としての整備完了
平成10年09月 高知豪雨に救護班編成出動
平成10年11月 長ア彬名誉院長勲四等旭日小授章を受章
平成11年02月 臓器移植法施行後初の臓器提供施設となる
平成12年10月 週休2日制導入により土曜日休診となる
平成13年04月 「高知赤十字病院第三次長期経営計画」策定
平成13年06月 処方について原則院外処方として運用開始
平成13年09月 高知西南豪雨に救護班編成出動
平成14年11月 受診される皆様の権利と責任策定
平成15年01月 病院基本方針改定
平成15年02月 入院食選択メニュー週3回開始
平成15年11月 臨床研修指定病院指定
平成16年01月 構内禁煙とする
平成16年03月 電子カルテシステム導入
平成16年05月 医師の臨床研修開始
平成16年11月 新潟中越地震災害救護班編成出動
平成17年08月 地域医療支援病院となる