災害救護 - 活動実績

東日本大震災(平成23年3月)

東日本大震災救護活動

 このたびの東日本大震災におきまして、被災された皆様方に、心よりお見舞いを申し上げます。私たちは被災された皆様の一日も早い復興を支援いたします。
 高知赤十字病院では、日本赤十字社高知県支部の指揮のもと、震災発生直後より救護活動を展開しました。今回の活動内容についてご報告いたします。
 3月11日(金)14時46分、東北地方三陸沖で起きたマグニチュード9.0の地震と直後の津波・余震により東日本大震災が発生。高知赤十字病院では発災直後に急遽、中村院長を本部長として院内災害対策本部を設置しました。
 対策本部は、日本赤十字社高知県支部救護班第1班を選任・召集。直ちに、携行資機材、医薬品を準備し、緊急指揮車、救急車、物資搬送トラックに第1救護班9名が分乗。医師1名、看護師4名、主事4名の編成で20時40分、当院正面玄関から東北地方に向けて救護活動に出発しました。

 翌12日18時頃に福島県へ入り、日本赤十字社福島県支部災害対策本部の指揮下で田村市の避難所で活動。13日には、宮城県石巻赤十字病院へ移動し、病院前でのトリアージ、石巻市内の避難所巡回診療、夜勤勤務などほとんど不眠不休の救護活動を行い3月16日に帰院しました。
 11日の第1班派遣後も、14日、16日、18日、20日、22日と先行する班の帰着を待たず2日おきに救護班を派遣しました。その後、中国・四国ブロック赤十字支部単位での出動となり、幹事の日本赤十字社広島県支部のもと、各県が分担して出動する体制となりました。
 当院は第7班が30日から、第8班が4月6日から出動、以降第12班まで派遣、救護場所や活動期間を調整しながら救護を継続しています。

各班、派遣職員の活動状況は以下のとおりです。
第 1 救護班:3月11日出動、3月12日〜3月15日救護活動、3月16日帰院
第 2 救護班:3月14日出動、3月15日〜3月17日救護活動、3月18日帰院
第 3 救護班:3月16日出動、3月17日〜3月19日救護活動、3月20日帰院
第 4 救護班:3月18日出動、3月19日〜3月21日救護活動、3月22日帰院
第 5 救護班:3月20日出動、3月21日〜3月23日救護活動、3月24日帰院
第 6 救護班:3月22日出動、3月23日〜3月25日救護活動、3月26日帰院
第 7 救護班:3月30日出動、3月31日〜4月 2日救護活動、4月 3日帰院
第 8 救護班:4月 6日出動、4月 7日〜4月 9日救護活動、4月10日帰院
第 9 救護班:4月15日出動、4月16日〜4月18日救護活動、4月20日帰院
第10救護班:4月22日出動、4月23日〜4月25日救護活動、4月26日帰院
第11救護班:5月 1日出動、5月 2日〜5月 5日救護活動、5月 6日帰院
第12救護班:6月 1日出動、6月 2日〜6月 5日救護活動、6月 6日帰院

単独派遣(各1名)

・心のケア班 4/2〜4/8
・本社第5ブロック派遣(石巻赤十字病院の事務支援要員)3/24〜3/31
・本社看護部派遣要請(石巻赤十字病院の病院業務支援)3/30〜4/5
・本社看護部派遣要請(石巻赤十字病院の病院業務支援)4/3〜4/10