医療現場最前線

ボトックス治療

 ボトックス治療とは、ボツリヌス菌が作り出す毒素(ボツリヌストキシン)を注射することにより、脳卒中の後遺症などで痙縮(強いつっぱり)している筋肉を麻痺させ、改善する治療方法です。
 「ボトックス」の治療は、正確に適切な筋肉に注射することではじめて、その効果を得られます。そのため、当院では、医師をはじめ、筋肉を熟知したリハビリスタッフ、薬剤師による「チームボトックス」を結成し、患者さまに最適で効果的な「一泊二日ボトックス+リハビリ併用治療」を実施しています。長期の入院加療が困難な方にも対応でき、かつ、短期間で最大の治療効果を得られるように取り組んでいます。
 従前の外来治療で効果が得られなかった方も、ぜひ当院にご相談ください。

※効果は残念ながら永久ではありません。個人差はありますが、通常3〜4カ月効果が持続すると言われています。そのため、治療を続けるには、年に数回の注射が必要になります。
当院では、「チームボトックス」が患者さまに寄り添い、計画性のある効果的な治療を提供します。

【お問い合わせ】高知赤十字病院 地域医療連携課(TEL 088-871-3603)
ボトックス治療