医療現場最前線

「3D立体骨モデル」

 人工関節の手術(人工関節置換術)は、傷んだ関節の表面を切除し、金属やセラミック、人工の軟骨に置き換える手術です。関節の痛みを取り除く効果は大きく、手術後は、車の運転や軽い運動、仕事もできます。
 「3D立体骨モデル」とは、患者さまの膝の関節を実物大で再現した骨モデルのことで、医師はこのモデルを用いて模擬操作を行うことができ、より正確で安全な手術が可能となります。
 主な患者さまのメリットは、

・個々に合わせた手術が可能
・手術時の出血が少ない
・専用の膝関節を作成するため骨への負担が少ない
 です。

H26年度
「人工膝関節置換術」での「3D立体骨モデル」実施件数  61件(全体の約74%)
●平均手術年齢 74歳   ●最高齢 92歳

先進医療「3D立体骨モデル」