高知県がん診療連携推進病院

前立腺がん

泌尿器科部長 田村 雅人
泌尿器科部長 田村 雅人
 前立腺がんは本邦において、近年、急増しており2020年には肺がんについで、罹患数第2位になると予想されています。前立腺がんは早期に症状が出にくいため、以前は発見が遅れがちでしたが、PSA検査が導入されてからは、早期に発見されることが多くなりました。
 表1は、当院での5年間、約750例の前立腺生検の結果ですが、PSAが20未満で生検を受けることがほとんどでした。また、PSAが10未満なら癌の確率は20%程度と低いことがわかります。がんと診断された症例全体で、76.3%が限局性前立腺癌、11例のみが骨転移ありでした(図1)。PSAが20未満の症例では遠隔転移は1例もなく、早期がんである確率が高いと考えられます。

当院の前立腺がんの治療方針

 前立腺がんの初期治療の方法として、@手術療法、A放射線療法、Bホルモン療法、C積極的待機療法、あるいはこれらの組み合わせがあります。
 これらをどうやって選ぶかは、年齢、健康状態、癌の進行状態などで決めます。
 遠隔転移のある場合はBホルモン療法が第一選択となります。ホルモン療法後に再燃した去勢抵抗性前立腺がんには化学療法や2014年から使用可能となった新規薬剤(エンザルタミド、アビラテロン)を投与します。
 局所進行がんは一般的にはA放射線療法か、Bホルモン療法、あるいはAとBの組み合わせが第一選択となりますが、症例によっては、@手術療法も、選択肢となります。
 限局性前立腺がんは、一般的には、@手術療法もしくは、A放射線療法を第一選択に考えますが、これらの侵襲を考え、年齢、健康状態を考慮して、Bホルモン療法や、高齢で、PSAが低値で、悪性度が低い場合はC積極的待機療法なども選択します。
当院の前立腺がんの治療方針

当院の前立腺がん治療の特色

ダヴィンチチーム
 当院では手術療法として手術支援ロボットda Vinci Si™を2014年3月に導入し、ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術(以下、RARP)を開始しました。放射線治療はリニアックによる外照射を行っています。図2は2014年に当院で初期治療を導入した転移のない局所前立腺癌の治療内訳ですが、8割以上は当院で初期治療を導入しています。うち、17例が手術療法を選択しました。

・ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術について
 da Vinciサージカルシステムは高解像度3D画像で視野拡大能力があり、開放手術では死角になる部分でもカメラが繊細に映し出し、鉗子を自由に動かすことができ、手振れ補正機能を有し、きめ細やかな作業性があります。骨盤内の深く狭い空間で手術が行われる前立腺全摘除術などにおいては、より確実な手術が可能です。
 ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術は、開放手術、腹腔鏡手術に比較し、

*低侵襲:出血が少ない、手術時間の短縮が期待されます。
*制癌性:手術で癌を取りきれる可能性が高い(断端陽性率が低い)といわれています。
*術後の尿漏れの回復が早く、症例のよっては前立腺周囲に走行している神経や血管を温存することが
 可能になりますので、男性機能(勃起機能)の温存が図りやすくなることが期待されます。

 また、従来の腹腔鏡下前立腺全摘除術と比較して、比較的少ない症例でも、手術スキルの習得・維持が可能であると考えます。
当院の前立腺がん治療の特色