高知県がん診療連携推進病院

乳がん

 乳がん罹患率は年々増加し、現在6万人程度と推察され、死亡者数は年間1万2千人です。罹患年齢のピークは50歳前後です。
 乳がんの治療には手術、薬物療法(抗がん剤)、ホルモン療法、放射線治療等があり、治療方法は腫瘍の性質、進行状況及び患者さんの希望を踏まえて決めることとなります。手術が可能な方については手術が基本となり、大きく分けて乳房温存手術と乳房切除術があります。

当院の乳がんの治療方針

 日本乳癌学会認定乳腺専門医が2名在籍しており、マンモグラフィ、エコー、MRI、CT、骨シンチ等の機器を用いて病巣の広がり、遠隔転移の検索を行います。リンパ節転移がないと思われる症例には術前にRIシンチを行い、標準術式である色素・アイソトープ併用によるセンチネルリンパ節生検を行い、リンパ節転移陰性であれば腋窩のリンパ節廓清を省略しています。また病理医の協力のもと手術中にも術中迅速病理を行いリンパ節転移の判定や温存術においては断端の評価を行っています。
 術後は生存率を向上させるために化学療法や放射線治療、ホルモン治療、分子標的治療を行います。検査によりがんの性格を推定し、しこりの大きさ、リンパ節転移状況を基に進行度を診断し、補助療法を選択することとなります。
当院の乳がんの治療方針

当院乳がん治療の特色

第二外科副部長 甫喜本 憲弘
第二外科副部長 甫喜本 憲弘
 乳房は女性の象徴的な器官であり、当院では乳房温存手術を主として行っており、約60%の方が温存術を受けています。生存率に差はありませんが、温存療法は放射線治療を併用して行うようになります。
 また、乳房切除術が適応となる場合でも、術前の化学療法により乳房が温存できる場合があり、更に当院では形成外科医の協力のもと、インプラント(人工乳房)による乳房再建術も可能となっている他、自家組織による乳房形成術にも取り組んでいます。
 進行・再発がんでは疼痛の緩和、QOLの向上のために放射線治療や化学療法を積極的に取り入れており、骨転移の方には疼痛緩和のためのストロンチウム療法も行っています。
  • ティッシュエキスパンダー(皮膚拡張器)
  • ティッシュエキスパンダー(皮膚拡張器)組織との結合性を高め、被膜内での移動抑制を目的としたテクスチャードタイプ
  • インプラント
  • インプラント 今年新たに保険適用されたアナトミカル型(下方がしずく型)はラウンド型(丸いおわん型)より自然な仕上がりに