ホーム病院のご案内クローズアップ

クローズアップ病院のご案内一覧へ戻る

NBI併用 拡大内視鏡

通常の内視鏡は、約10倍の拡大率でしたが、拡大内視鏡では、約100倍まで拡大できるようになり、より正確な「胃がん」の早期発見が可能になりました。
 
また、この機能を最大限に発揮することにより、がん組織の境界線を判断し、過不足のないがん組織の切除ができるため、早期治療、早期回復、再発防止に繋がっています。
 
さらに、平成27年1月より、「拡大内視鏡」を増設しました。この最新機器は、従来の光学ズーム機能を搭載しながら先端部外径9.9㎜の細径化を実現(従来は10.8㎜)し、患者さまへのスコープ挿入時の苦痛が軽減され、より患者さまに優しい検査が可能となりました。

検査件数 H27.4~6月 452件

  • 拡大内視鏡の世界
  • 拡大内視鏡の使用の様子

ページトップへ戻る